数学散歩の小道

※最近の追加ページ:オイラーとゼータ関数 (2017/05/13)

 以前から数学に興味はあったのだが、理解力不足のため、一般向けの数学解説書を読んでもすんなりと頭に入ってこない。自分なりに咀嚼するのに時間がかかる。

 そこで、せっかく咀嚼できたものについては、関連のメモを残すことにした。正確には「咀嚼できたと思った事柄」に関するメモである。勘違いしている点があるかもしれない。

    

 メモでは、基本的に図を用いない。視覚障害者である私にとって、図の把握はなかなか難しいからだ。

 誤解のないようにいっておくと、視覚障害者も触図(点図)を使ってグラフや図形を把握できる。学校の教科書にはそれが盛り込まれている。

 しかし、Webにある図を簡単に触図にできるわけではない。

 ともあれ、ここではなるべく文章で表現する。

    

 数式も同じ理由で用いない。

 私にとって読みやすい数式とは、点字で書かれた数式である。

 しかし、たとえば、TeX記法で書かれた数式を簡単に点字に変換することはできない。

 TeX記法の式は、TeXのソースコードを読んで、それを頭の中で数式に組み立てる必要がある。

 とはいえ、TeX記法を読んで理解するのは私には難しい。¥frac{1}{2} などと書かれているより 1/2 と記されている方がずっと分かりやすい。

 ということで、基本的にプログラミング的な表記を用いることにする。場合によってはプログラムそのものを載せるかもしれない。

    

 数学ネタで書けることはあまりないと思うが、期が向いた時にちょっとづつ書いてみたい。


タイトル一覧


トップページへ