スクリプト系プログラミング言語ファンの「じたばた」

2016.11.23 VOV(VBA, OLE, VBScript)による自動操作を更新。
「ADOによるデータベースの中身の把握」を追加。

  1. 数学散歩の小道: 数学関連の話題で、自分なりに咀嚼できたと思った事柄についてのメモ書き
  2. もう一つのデータ処理パッケージ(rptパッケージ)について: MS-Windows上で利用。
    当パッケージ(ruby, pandoc, R, w32tex, xdoc2txtをパックしたもの)をUSBメモリーやSDカードに入れておけば常用パソコン以外のパソコンでも簡単に利用可能。
    プログラミングによるオートメーション化(Excel, Wordの自動操縦を含む)を実現。
  3. MS-Wordの自動操縦 wrdap.rb: MS-Wordを自動操縦するためのruby用ライブラリですが、pandocとの組み合わせを意識して作りました。pandocは markdown, html, TeX, docxなど多様なフォーマットの文書を扱えるソフトウェア。
  4. プログラミング雑記帳:プログラミングに関するちょっとした覚え書きをメモとして残します。
  5. ruby経由で統計解析ソフトRを使うためのライブラリ rrx
  6. Excel用xmlスプレッドシート(xmlss)生成のためのrubyライブラリ exlap_c:Excelを使わずにxmlssを作成。MS-Windows以外のOSでも使えます。
  7. rubyによるExcel操縦用ライブラリ exlap.rb:win32oleを活用してExcelを制御するためのライブラリ。グラフ作成を含む10個以上のサンプルスクリプトを同梱。
  8. rubyによるADO,ADOXを用いたAccess,Excelファイルの処理:rubyクラスライブラリyado.rb&データベースクライアントソフトyadosql.exe
  9. PDFなど各種ファイルからテキストを抽出するための支援ツール

    PDF、ワード、エクセル、一太郎、パワーポイントなどの各種ファイルからテキストを抽出するためのソフトxdoc2txtは、多様なデータに対応している優れたソフトですが、基本的にコマンドライン(DOSプロンプト)で操作する形になっており、視覚障害者がWindows上で操作するためには少し工夫が必要になります。その工夫を支援するのが当プログラムです。

    また、xdoc2txtが抽出するテキストを、視覚障害者に分かりやすくするための加工も行います。エクセルの表をテキスト化するとタブ区切りのデータになりますが、その表を「たてよこ逆転」したり、「箇条書きに変換」するソフトも付属させました。

  10. ないーぶネットのデータの名前を変更するプログラム

    ないーぶネット(点字図書データが集積されている会員制のネット)からダウンロードした点訳ファイルは、N0123456 のような特殊な識別コードがそのファイル名になっています。これでは分かりにくいので、それを本のタイトルに変更するソフトを作ってみました。

  11. 点字データファイルをカナのテキストファイルに変換

    点字データファイルは、メモ帳やワードなどのソフトでその中身を読むことはできません。点字データファイルを扱うための専用のソフトが必要です。そこで、点字データファイルをカナ(漢字は含みません。)のテキストファイルに変換するソフトをアレンジしてみました。altair for windows に付属しているソフトを活用して変換します。

  12. じたばた日記:日記というよりは、たまに思いついた日常の雑感。

かかわっている主なNPO: